違いシリーズ

意外と知らないアパートとマンションの違いを解説

投稿日:

わたしも学生時代にアパート暮らしをしていた経験があり、今は学校へ通う関係で子供たちがアパートを借りていますが、不動産屋さんに物件を探しに行ったときに「○○アパート」「●●マンション」「☆☆ハイツ」などとあり、いったいその違いって何?って思った経験があります。

なんとなくの自分的な解釈では、木造の2階建てくらいのものがアパートで、鉄筋コンクリート造りの高層階のものがマンションなのかなぁ??なんて思っていました。

 

でも、

調べてみてわかりました

アパートとマンションには法律で定められた明確な基準(きまりごと)はないのです。???そう言われてもよくわからないですよね!

そこでわかりやすく言うと、大家さんや不動産屋さんが「アパート」と言えば「アパート」、「マンション」と言えば「マンション」なのです。

木造2階建てのボロボロの賃貸物件でも大家さんが「●●マンション」なんでいう名前を付けていればマンションになるってことですね。

友人が遊びに来る時などのことを考えるとチョットはずかしいので、見た目を考慮して名前は変えてほしいですね。

 

そこでおおまかな、それぞれの特徴をまとめてみました。

 

アパートと呼ばれる物件の特徴とは

2階から3階建ての木造造りや軽量鉄骨造り、またはこの両方を混合した建物のことが多いようです。

あくまでも特徴ですから、先ほども言いましたが大家さん次第ですけどね!

マンションと呼ばれる物件の特徴とは

鉄筋コンクリート造り、鉄骨鉄筋コンクリート造り、重量鉄骨造りの事が多く、何階建てとかの階層に制限はない。ということです。

たしかに日本では「高層アパート」などという呼び方は耳にしないですよね。

ちなみに「ハイツ」とは

これも特に基準(きまり)はなく、大家さんのネーミングが「☆☆ハイツ」となっているだけです。木造づくりでも「☆☆ハイツ」っていう物件があったり、鉄筋コンクリート造りでも「☆☆ハイツ」っていう物件があったりするということです。

 

まとめ

特に「アパート」と「マンション」を区分する法律等はない。

大家さん・不動産屋さんのネーミングや判断次第で「アパート」にも「マンション」にもなる。

皆さんの感覚で区分してよいと思います。

 

-違いシリーズ

Translate »

Copyright© クムスタカ , 2020 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。